2017年7月28日金曜日

DS4のタカタ・エアバッグ・リコールに物思う

本日、プジョー・シトロエン・ジャポンから、

不具合対策のお知らせという封書がやって来た。

7月14日に発表されていた倒産したタカタのエアバッグをリコールします!

やっときたか、、

何時になるかな?

メインのエアバッグだけだから、すぐ終わりますって、、

プジョー長崎の方から確認取れたんで、

実家の仏壇の引っ越しもあるし、、色々あるんで、、

大変なのよ、、すぐには出来そうにないし。

北九州で欠陥住宅を建てない秘訣に物思う

北九州で欠陥住宅を建てたくなかったら、

1.新日鐵興和不動産がらみの物件には手を出さない。
 欠陥住宅裁判では、被害者を犯罪者に仕立て上げようとした。
 この裁判は、欠陥住宅裁判の中でも近年もっとも有名な判決となった。

2.環境デザイン機構がらみの物件には手を出さない。
 自称建築家で、その行為の結果、日本建築家協会から追い出された佐藤俊朗氏
 脳みそが腐った主張を繰り返し、最終的には追い出されてしまったからね。

3.セレクトホームがらみの物件には手を出さない。
 自称お客様第一で、トラブルあったら「飛んでいきます!」だが、
 実際には、騙して、住めなくして、修理を引き延ばし、ごねて、
 ここまでの欠陥住宅となると、庇護者もどうしようもない!という
 素晴らしい家の形をした、違法建築物しか建てられないからね。

有名処の、欠陥住宅が集結している北九州、、、

北九州では、雨漏り、隙間風、湿気でフロアが大変形!とかが、普通だから、

んでもって、大学で教えています!とか言う、建築家が出てきたら、

名前でサーチ、建築士の免許持っている建築家かどうか、再確認する事。

建築士免許無しでも、大学で建築を教え、名誉教授になれるからね。

建築士の免許が無くても、建築家を名乗れるし、

無資格でも監理とか仕事するのが、福岡のデフォルトなんだ。

逆に言ったら、福岡で家を建てて、雨漏りしなかったら、、それは僥倖かも?

なんせ、

台風みたいな雨は、想定して居ません!

雨漏りするのが、当然です!

とか、言える会社があるからなぁ、、、

BMW地獄 i3編に物思う

BMW地獄は、マツダ地獄と並ぶ、下取り価格急降下の、、、である。

その中でも、今凄いのはi3だろうか?

2015年式で189万円、2年半で売値が1/3であるから、、

9月に大容量リーフ(恐らく40kwモデル)が出て来ると、

まだ下がるという判断で、初期型を全処分せにゃあならんと、

そして、マイナーチェンジ後の不良債権化している大容量バッテリーモデルも、

2017年式で335万円から、

2017年式が335万円で、2015年式が198万円、、

新車のi3が本体価格499万からだが、

今年は2017年だったよな、、所謂登録済み未走行車扱いが、

オプションフルセットの展示車を、速攻で換金しましょ!と14台出て来るが、

BMWのサイトでは、i3は1台しか出て来ない。

カーセンサーでは101台出ているけれど、、

去年の今頃には、i3が300万円を切ったと、i3オーナーが嘆いていたが、

今年はi3が190万円を切ったと、嘆かねばならんか、、、

今年は、未走行車が400万切って、初期型は190万切って、、、

BMWでも珍しい、i3地獄祭り絶賛続行中である。




2017年7月21日金曜日

Note-e-powerと、スカイアクティブに、物思う

新技術を謳うのは構わんが、

最終的には、失敗であったという事を認め、処理せにゃあならんのだが、、、

アメリカで、カーボン堆積・走行不能・エンジン換装は回避!

っちゅうんで、尿素SCRを採用して、

後処理無しのディーゼルと言う謳い文句を捨てざるを得なかったマツダである。

最期に満を持して発売したデミオの1.5スカイアクティブ・ディーゼルも、

異常・故障・走行不能が続いて、

マツダの意を酌んだ面々が、価格コムの掲示板では、

叩き・嫌がらせ・珍論披露・マツダ擁護を繰り返していて、

やっぱ、マツダじゃのぉ、、、

基本6万キロでヘタるロータリーをメインにしてきただけに、

8万走ったら、エンジン換装?何が悪い?そんなん普通じゃ!

5000キロでオイル交換?他所じゃ知らんが、純正割高特殊オイルで、

ディーラー喰わせんと、ならんのじゃ!と、開き直って居るのか?


同様に、ノート・イーパワーの燃費は22km/Ⅼ程度で収束したか?

言ってた割に、言わせていた割に、燃費が良くない、、

高速道路で走らせると、20km/Ⅼは切るみたいで、、

カタログデータとの乖離は、ハイブリッド並と言うか、以下であるから、、

この車を燃費で買うという選択肢は無くなっている。


同様に、スカイアクティブ・ディーゼルも、頻繁な割高エンジンオイル交換、

意外と多いエンジン不調と、整備の繰り返し、、

保証が切れるまで走行距離を伸ばさないと、燃料費の差で回収出来ないのに、

保障が切れると切れると、凄まじい修理費用が襲い掛かって来るから、

逆に、損と言う、、哀しい現実が待っているのがバレて、

マツダのスカイアクティブ・ディーゼルは売れないから、

尿素SCRを投入したり、ガソリン推しに切り替えたり、

マツダ地獄の再現は、見え張っただけに、応えているみたいだ。


同様に、リーフの不良在庫部品処分の為に投入されたノートイーパワーも、

1位取った1回のみ以外は、だし、、、

そろそろ、、実態がバレて来ると、、技術の無くなった技術の日産は、

どうやって、生きていくんだろうか?

新型エンジンの投入も、新技術の投入も、、日産のショボさはナカナカで、


技術が無いのに、技術と嘯いてきた日産やマツダは、

そこを糊塗する暴挙を繰り返しては、、自滅していく。

2017年7月20日木曜日

所詮は壊し屋の自由党に物思う

基本的に、自民党で幹事長して栄耀栄華を味わったが故に、

自己評価が過大になっちまった小沢氏は、

最大にして唯一の庇護者であった金丸氏を失って、

転落に次ぐ転落へ向かう非自民連立政権樹立で頂点に立ったのが、最高だったか?

今や、4人しか所属議員が居ない自由党の共同代表に過ぎない。

そんな小沢氏が、統一候補、自民vs非自民で政権取ったる~!と、

民進にも居れなくなった小沢氏と、誰が組もうというんだろ?

炎上でしか、名前を売れない上西氏・山本氏と被って来た。

小沢氏も、完璧に痛いコになっちまったな。


2017年7月16日日曜日

北部豪雨大水害に物思う

早い話、未曽有の大豪雨と言っても、

観測地点の増加を見ていると、

アメダス以外の測定データが過去に遡ると無いのだから、

実際に未曽有の大豪雨だったのかは、分からない。

28年、38年の杷木当たりの降水量がナンボだったんかい?

で、、

過去と現在の相違点は、、、

山の手入れのレベルだろ?

枝打ちをしない・出来ない山がほとんどになった今、

干ばつすらしない・出来ない山がほとんどで、

下層の植生が皆無になって保水力は皆無、、

杷木に流れ着いた木を見てごらん、、

まっすぐな植林された木ばっかりで、太い奴は無い。

山を下りる人々は、杉を植えて行ったが、、、

手入れをしない山は、

下に草さえ生えぬ、表土むき出しの降った雨が表土を洗い流す山になっていく。

そして、雨が降って、表層土壌のマサ土が立木ごと流れて、

流木と化した立木橋や家に引っ掛かって自然ダムと化して、被害を拡大させた。

北部九州豪雨は、マサ土の地域に雨が降ったら、何処ででも発生しうる、

普遍的な災害の始まりなんだよね、、、

造られ続けた砂防ダムは、もはや効果を失い、、

そろそろ何処かの官僚が、、

間伐事業でも開始するか?

まぁ、、山の木を切って切って、切りまくって、、

自然林に戻す事業でも始めんと、どぎゃんも、こぎゃんもならんのだが、、

伐採後の植林?今から間隔開けとけよな、、、

クズ植えて、、山が荒れ山体崩壊みたいなガケ崩れ、大洪水より、、

山がクズの極相林になっちまう方が確実だろ?

佐藤史生さんも逝っちまって、久しいが、、、

あらかた、持っているんだよなぁ、、ワンゼロ読み直してみるか、、

2017年7月13日木曜日

ヒョンカの記事で無くなったリーフの60kwに物思う

ヒョンカと言えば、

BMWがi3とi8を日本から撤退させると嘯いたり、

トラビックのクルーズコントロール事件でスバルが部品供給を停止させたり、

いろいろ、物議を醸しだす発言で炎上させる炎上マーケティングのプロだ。

その御仁が、リーフの新型は、60kwと40kwとか嘯いたから、、、

40kwと30kwの二本立てになるのが、ほぼ確定したな。