2018年5月23日水曜日

電気自動車のバッテリー熱管理に物思う

日産は電気自動車を一番売って居るメーカーで、

電機自動車に必要な事象に関する知見は、一番持っている筈だろうが、

知見はあっても、コストカットを優先し、不可欠な装備を廃止しても、

価格のみを優先するという方針を打ち出し、実行し続けて居る感が強い。

哀しいけれど、

それが、初期型リーフのバッテリー寿命であり、

30kwリーフの予想を上回る速度で進行するバッテリー劣化であり、

新型40kwリーフの充電速度制限である。

軽自動車のアイミーブですら、バッテリー冷却装置をエアコンを利用して装備している。

予想通りに電気自動車を生産できないテスラは、冷却水を循環させる事で熱管理、

リーフはバッテリーパックなので熱放散面積が大きく取れるので、冷却装置不要!

という、初期型から連綿と続く冷却装置レスと言う覇道を驀進している。

初期型リーフのバッテリーは容量をフルに使用する上に、

放熱が足らず、急速にバッテリーが劣化する事で有名であり、実際二束三文状態である。

対策済みの24kw後期型でも、バッテリー無償交換に進んだケースが散見される様になったが、

無償交換が増えると大変なのか、日産は今もバッテリー容量の測定確認を拒否し続けて居る。

30kwモデルでも、8年16万キロというグローバルスタンダードのバッテリー保証を打ち出したが、

1万キロ以下でセグ掛けが発生するなど、既にバッテリー交換が行われている模様だ。

そしてモデルチェンジで、40kw新型リーフが出て来たが、

日産も、バッテリー寿命が温度管理で左右されるんだと、広く周知徹底されたんだろう、

冷却装置を導入するかと思ったら、そこはそれ技術の日産改め、コストカットの日産である、

流石の我々の斜め上の、バッテリー温度が上がったら、充電電流量を下げて発熱を押さえるという、

最もコストの掛からない対応を取った模様である。

アメリカでは8年16万キロ保証していたが、日本では5年10万キロの保証だった24kwリーフ、

30kwモデルでグローバルスタンダードな8年16万キロ保証に上がったけれど、

24kwの商用車モデルでは冷却装置を装備したが、40kwモデルでは冷却装置を付けられなかったか、、

実際に44kw急速充電装置で1回目が105Aの充電だったが、2回目は80Aであった、3回目は何Aだったんだろうか?

30分の急速充電という条件下で、55%充電できる場合もあれば、21%しか充電出来ない場合もあるというから、

温度管理して、加熱しない様にする、バッテリー寿命から見れば歓迎できるが、

冷却装置を追加してバッテリー寿命を延ばす方がユーザーフレンドリーだし、

隠しバッテリーを追加して、実容量80%で使用した方がバッテリー寿命は延びるだろう、

だが、日産は充電速度を下げて、急速充電時の過熱を防止するというユーザーに負担を強いる形で対策した様だ。

今度のバッテリーは自信があるという発言が、某所で某氏より耳にしたが、

日産リーフの管理は、バッテリー急速充電は50%までに限定して運用しなければならぬのだから、実質20kwバッテリーと言う事か、、、



2018年5月13日日曜日

電気自動車の2割で開始8割終了の充電方法に物思う

電気自動車は、

電池の残容量2割で充電開始して、8割充電で終了するというシステムが確定して、

満充電すると8割充電から充電速度が低下して、実用に耐えられなくなるらしい、

SCiB電池はそうゆうトコが少ないらしいが、既に終了した。

リサイクルの収支が合わないリチウムイオン電池をどうするか?

使える奴をセレクトして中古バッテリーとして売り出す日産なんだが、

他には道が無いらしい、焼却処分でどうするか?

で、熱対策されて居ない日産リーフのバッテリーは、

加熱したら、充電速度を下げるんだ!という、プリミティブで王道な対策がされ、

もはや、新技術を投入する体力とマンパワーを失った日産らしい手法に、

あ、日産おわた、、と感嘆してしまった。

でも、電気自動車の問題は、

冷却装置を追加しなかった日産リーフのバッテリーの延命対策で、

8割充電で充電速度を低下させるのから、使えない2割の死に容量が発生している。

加えて、完全放電すると寿命に良くないと、残容量2割で充電開始が推奨されている。

ここにも使えない2割の死に容量が発生している。

というと、JC08で400キロ走行可能と自称している40kwリーフ、

アメリカでは240キロ走りますって言うて売っているが、

満充電で使い切って260キロしか走りませんというのが、実情なんだ。

しかし、死に容量の4割を差っ引くと、実際にはしれるのは、その6割、、

一回の充電で160キロも走れるって?

2時間走って、30分充電、となると、2時間走っても30分の空走時間があるから、

走行速度は実際の8割に低下してしまう。

こんな縛りが重なって、、電気自動車を使うってのは苦行になるから、

1回の充電で走れる距離しか走れない、

充電は駐車時間中に全部終了させてしまう、

この2つを満足させないと、修行になってしまう訳だ。

食事場所に急速充電装置が常備、観光地駐車場に急速充電装置が存在、

そんな条件下でも、電気自動車にはさらなる苦行が、、、

SCiB電池以外、電池容量の低下と言う哀しい現実が待っている。

3Σな存在は無視しても良いとして、

1日300キロは普通に走るから、

残容量1割以下で充電するという手法をとり、

エコランしては8km/kwhを確保しないと、

もうすぐと噂される60kwモデルしか、稼働出来そうにない。

実際に1日300キロ走るユーザーが電気自動車を稼働させる場合、

44kw以上の急速充電装置で小まめな10~15分継ぎ足し充電しか、

許されない訳か、、、これなら、何とか稼働出来るけれど、

そこらで、月2000円の充電し放題という日産の手が出現する訳で、

故に、電気自動車はガソリンエンジン装備のプラグインハイブリッドが最適解になり、

彼方此方のメーカーが発売する事になったのか、、

2018年5月8日火曜日

予想以上に長距離に弱そうなリーフに物思う

24kw初期型リーフは、すぐに電池容量が減少した。

30kwリーフは、対処済みと思われたが、

9000キロでバッテリーが15%容量低下する事が露見し、

空冷装置すら装備しなかった日産リーフのアキレス腱の様だ。

40kw2代目リーフは、自称400km走行可能だが、

アメリカ規格では240kmしか走らないという。

実際には、充電量は走行と共に、バッテリー温度上昇して、急激に低下するらしい。

私の場合は、久留米から萩まで逝って、1回充電で帰って来れれば、

普通に使えそうだが、、、

恐ろしい事に、80%充電が推奨な充電方法で、

残量20%で充電しましょうねというのが、また推奨なのだ。

そうなると、240km走れても、実際にはその6割であるから、

150km程度しか走れない事になる。

そうなると、60キロまで加速して、速度維持のクルコンセットして、

BMWメソッドで逝って、ギリギリ220km走れるだろうか?

そして、ギリギリまでバッテリー消費したトコで、マトモに充電出来るだろうか?

其処を確認しないと、冷却装置付でバッテリー劣化が少ないi3を買うしかない、

アイミーブのMか、i3以外は、バッテリー劣化がほぼ確定だ。

初期型24kwモデルも、後期型24kwも、30kwモデルですら、

バッテリー劣化から逃げられないのがリーフだ。

40kwの二代目リーフはどうなのか、60kwモデルじゃないと使えないのか?

一回、そこらを確認する、、、

2018年4月30日月曜日

レジオン・ドスール勲章のめんたいワイドに物思う

ビートたけし氏は、

レジオン・ドスール勲章の叙勲者ですか?

レジオン・ドスール勲章ですか?

レジオン・ドスール勲章

めんたいワイド、、痴性が半端無い、、

2018年4月29日日曜日

Audi・シトロエン・BMW・レクサス地獄に物思う

Audiも、シトロエンも、BMWも、レクサスも中古車価格が急降下する。

割高な価格設定、インポーターによるディーラーへの押し込み、

最初は試乗車放出から始まって、

売れない不良在庫処分で出て来た車が、、、

エライ事になってしまって、残存価格が付けられないから、

DS4とか、C3とか、A3、えっれぇ価格が堕ちてしまう。

その結果、アウディオーナーの知り合いも、BMWオーナーの知り合いも、みんな、

中古を買え、シトロエンは延長保証出来なくしたが、

BMWも、VWも、アウディも、、5年は保証してくれるぞ、

150万から、200万は下がるぞ、、大丈夫だ。

200万捨てるより、安く買った方が美味しいぞ、、、

と、忠告?助言してくれる。

昔みたいに、アウディだから金掛けてる訳じゃ無い、安く買わないと馬鹿見るぞ。

俺って、無茶苦茶走るからさぁ、、

何言ってんの、保証付けないと在庫はけないだろ?心配するなよ、、

シトロエンが延長保証無しにしたろ?プジョー・シトロエン・DS終わるぜ、

インポーターは自分の成績上げる為に、押し込んで、

試乗車上がりって理由付けさせて、不良在庫処分させて、中古車価格を引き下げて。

自分トコのブランド毀損させてんだぜ、、

新車なんか買うなよ、、、登録1年以内の登録済み車買えよ、、

彼の言うセリフは、間違いない、値千金の助言だ、、、

2018年4月18日水曜日

東筑軒のかしわめしに物思う

東筑軒のかしわめしが、県民ショーで取り上げられていたが、

実際に北九州を発祥とする西日本銀行系は、

福岡県内の店舗なら、イベントごとに東筑軒のかしわめしを取り寄せる事が多い。

西銀関係者、間違い無いよな。

で、かしわめしと、言ったら、、、鳥栖の中央軒のかしわめしの方が古いらしい。

かしわめしとしては、無茶苦茶売りまくって居る東筑軒を取り上げる。

北九州市内の駅弁販売所だと普通に見掛けるから、仕方無かろうが、、

元鳥栖市長が、慟哭しつつ、恨み言をFBSに連荘してそうな気がする。

2018年4月16日月曜日

労働組合の平和運動に物思う

労働組合に、平和運動は必要なのだろうか?

反戦活動したいけれど、活動費が無い、、

でも、労働組合には金がある。

誰でも、プロ市民の生活費を払ってやりたいと思っているのか?

立憲民主党、、そういや枝野は過激派だったな、、

神埼市で原口一博氏が推す大仁田厚史氏が市長戦に敗北した、、

パフォーマンスだけで、政治がやれるという彼等の行動も含めて、

安倍憎しの政党動員反対デモや、水増し動員発表とか、、、

そんな事の為に、組合費払わされているモンの身にもなってくれよ。